みやびん

\スポンサーリンク/
作品

【作品】DIYの楽しみ!自作サンドブラストで自分だけのグラス細工を作ろう #2

今回は、UVライトにタイマーを取り付けて露光機を作成します。UVライトとタイマーの電源を1本化したいため、USB電源アダプタを分解して取り出した回路基板をタイマーリレー基板の作動電源として利用できることがわかりました。これを使って露光機の電源を1本化できることがわかりました。
作品

【作品】DIYの楽しみ!自作サンドブラストで自分だけのグラス細工を作ろう #1

自作のサンドブラストを使って、グラスにブラスト細工をしたいと思います。初回のグラス細工はとりあえずやってみた程度でした。自分としてはもっと細かな細工がしたいなあ、と思っていますが技量が伴っていませんでした。いろいろ調べてサンドブラスト細工の世界がわかってきました。今回は、調べたことや準備してきたことを紹介します。
家アラカルト

【家アラカルト】秋は庭の手入れ日和!タイル目地の防草対策しました

秋になり随分と涼しくなりましたね。こういう日は庭の手入れ日和です。気になっていたところをきれいにしたいと思います。タイル目地から生えた草を手入れするのは結構大変ですよね。剪定ハサミで切っても目地ギリギリのところは残ってしまいますね。急がば回れということでタイルをはがして目地の草を除去して、さらに防草シートを敷いて対策しました。思ったより簡単にできたので紹介します。
\スポンサーリンク/
バックヤード

【バックヤード】使える!生成AIを使って、C#でプログラムを作成してみました。

私は、プロフィールにも書いてある通り、コードを書かないソフトウェアエンジニアです。自慢ではないですが、もう20数年以上プログラムを作成していません。こんな私でも生成AIを使うとプログラムができちゃうんです。すごっ!私ではなく、生成AIがです。そこで、生成AIを使ってどのようにプログラムを作成していったかの過程を紹介します。
道具・工具

【道具・工具】簡単!エアーコンプレッサーのドレンコックをネジ式からレバー式に交換しました。

エアーコンプレッサーのドレンコックは、エアータンクの一番下にあるため手が届き辛く、ドレン抜きが億劫になりがちです。今回は、エアーコンプレッサーのドレンコックをレバー式に交換しました。これにより、ストレスなくドレン抜きをすることができるようになりました。また、ドレンの発生量についても計算してみました。夏場の湿度の高いところでの使用では、結構な量のドレンが発生することがわかりました。ドレンを放置するとタンクのサビ発生の原因にもなり、ドレン抜きの重要性を再認識できました。
作品

【作品】はじめてのグラス・サンドブラスト細工

自作したサンドブラスターを使って、グラスにブラスト細工を施す体験しましたので紹介します。サンドブラスト細工ははじめてのことでしたので、作業工程を想像しながら進めました。最後にサンドブラストした際の条件や工夫点、改善点もまとめていますので、参考になれば幸いです。
道具・工具

【道具・工具】自作サンドブラスターにレギュレータを付けて研磨の強弱を手元で調整できるようになりました

自作したサンドブラスターに手元で研磨の強弱を調整できるように、レギュレータを取り付けました。取り付けるにあたって、サンドブラスターに限らず、他のエアーツールにも利用できるように取り外しできるようにしましたので紹介します。
道具・工具

【道具・工具】サンドブラスターを自作してみる(最終回)

サンドブラスターを自作してみる、の最終回です。最終回は、課題改善後の2回目の試しブラストした結果のまとめです。改善が奏功し想像以上のブラスト性能を発揮してくれました。ブラスト前後の結果や工数のおさらい、所感をまとめましたので紹介します。
道具・工具

【道具・工具】サンドブラスターを自作してみる#8

サンドブラスターを自作してみる、の第8回目になります。今回は、メディア(研磨材)の循環の仕組みの作成から完成までと、試しブラストした結果と多数の改善を行いましたので紹介します。思っていた以上にサンドブラスターはデリケートな道具でした。
道具・工具

【道具・工具】サンドブラスターを自作してみる#7

サンドブラスターを自作してみる、の第7回目になります。今回は、メディア(研磨材)の循環の仕組みを設計です。サンドブラスターは、ブラストガンからメディア(研磨材)を高速で対象物表面に吹き付けて研磨します。吹き付けた研磨材がキャビネット下の一か所に集まり、再度その研磨材が吸い上げられてブラストガンから出ていくことを繰り返すことをメディアの循環と呼んでいます。今回は、この循環するための仕組みを設計しましたので作業内容を紹介します。
道具・工具

【道具・工具】サンドブラスターを自作してみる#6

サンドブラスターを自作してみる、の第6回目になります。今回は、キャビネットの窓の製作の続きです。今回は窓枠が完成するまでの作業内容を紹介します。
道具・工具

【道具・工具】サンドブラスターを自作してみる#5

サンドブラスターを自作してみる、の第5回目になります。今回は、キャビネットの窓の製作です。窓枠は額縁を作る要領で45度でカットした部材同士をチキリで接合しました。また、PETの窓を嵌めるための溝やキャビネットと窓枠を固定する丁番の掘り込みなど作業して、最後に塗装まですることができましたので紹介します。
道具・工具

【道具・工具】サンドブラスターを自作してみる#4

サンドブラスターを自作してみる、の第4回目になります。今回は、キャビネットに窓枠を付ける作業です。キャビネットに窓用の穴を開けたのと、窓枠をどうやってつけるかを3Dモデルを使って検討しました。久しぶりに3D CADを使って楽しかったので時間をかけすぎてしまいました。
道具・工具

【道具・工具】サンドブラスターを自作してみる#3

サンドブラスターを自作してみる、の第3回目になります。今回は、キャビネットにグローブを取り付ける作業です。グローブを取り付けると、サンドブラスターらしくなります。このグローブにより研磨材まみれにならずに済む大事な箇所です。また、サンドブラストガンもキャビネットに取り付けますので、合わせてその作業を紹介します。
道具・工具

【道具・工具】サンドブラスターを自作してみる#2

錆落としの道具にサンドブラスターというものがあります。ずっと前から使ってみたいと思っている道具です。以前、近所のホームセンターにもサンドブラスターが販売されていました。値段も大きさの割に安く、16,000円程度だったと思います。何度も買おうかと悩んでいましたが、その大きさに躊躇してしまいました。手狭な工房にこんな大きなサンドブラスターをどこに置くねん。置くねん。置くねん。…と頭の中でこだましてました。そこで、ちょっと小型のサンドブラスターを自作しようと思います。第2回は、Oリングの完成までとキャビネットへのOリング取付け穴の加工を紹介します。
道具・工具

【道具・工具】サンドブラスターを自作してみる #1

錆落としの道具にサンドブラスターというものがあります。ずっと前から使ってみたいと思っている道具です。以前、近所のホームセンターにもサンドブラスターが販売されていました。値段も大きさの割に安く、16,000円程度だったと思います。何度も買おうかと悩んでいましたが、その大きさに躊躇してしまいました。手狭な工房にこんな大きなサンドブラスターをどこに置くねん。置くねん。置くねん。…と頭の中でこだましてました。そこで、ちょっと小型のサンドブラスターを自作しようと思います。今回はその第1回目を紹介します。
バックヤード

【バックヤード】自作PCの起動ディスク(Cドライブ)を丸ごと引越ししました

起動ディスクのCドライブには500GB SSDを使っていましたが、そろそろ空き容量が僅かとなってきました。今回は、安価で大容量HDDを増設してバックアップを容易にできるようにしました。さらに、空き容量が少なくなったCドライブを、容量の大きなSSDに丸ごと引越すことができましたので紹介します。
家アラカルト

【家アラカルト】ポッキリ折れた!自転車のダイナモライトを溶接して修理しました

自転車のライトが壊れたと息子が言いながらバイトから帰ってきた。ライトが点灯しなくなったのかと思ったら、ライト部の金具のところから折れたようです。原因は金属疲労のようです。自転車の運転中の振動で折れたようです。破損したダイナモライトを溶接して修理しました。また、ゴムローラーを液体ゴムを使って修復しましたので合わせて紹介します。
道具・工具

【道具・工具】引き廻しノコギリの柄を自作しました

久しぶりに工房に入って、周りを見渡していると引き廻しノコギリが目に入ってきました。目に入ってきたのは引き廻しノコギリの「プラスチックの柄」でした。ちょっと味気ないなあ~。ということで柄を自作してみました。やっぱり、木製の柄は、いいですね。手に持った感じもしっとりと手に吸い付くような感じです。単なる引き廻しノコギリだったのに愛着が沸いてきますね。
バックヤード

【バックヤード】XP-Pen Artist13 2nd Gen液タブでブログ環境をパワーアップ

ブログ環境のパワーアップに液タブXP-Pen Artist13 2nd Genを導入しました。ブログの記事を作成する際に、写真に説明文や矢印などの追加を作画ソフトなどを使って編集しますが、ときどき味気無さも感じることがあります。手書きのイラストや説明なども取り入れていければと思い導入することにしました。イラスト素人の私が、液タブ選びから使うところまでを紹介したいと思います。同じように使ってみたい方の参考になれば幸いです。
バックヤード

【バックヤード】中古ノートパソコンDELL Latitude5490を改造しました

リビングから離れた場所でデスクトップPCを使っているとTVが見れません。リビングでTVを見ながらネットサーフィンもしたいので安くてそこそこ性能のいい中古ノートパソコンを購入しました。不足な部分はカスタマイズして性能アップ、満足度アップです。
\スポンサーリンク/