\スポンサーリンク/
工房制作

【工房製作】外壁塗装のために解体した工房を再築しました

外壁塗装のために工房を一時的に解体しました。その甲斐あって塗り残しなしで塗装を終えました。早速、工房の再築に取り掛かりました。3日間掛けて工房の壁、屋根を元に戻すことができましたので紹介します。
家アラカルト

【家アラカルト】1平方メートルのDIY、レンガと砂利と防草シート

外壁の塗装が終わり、ついでにエクステリアもきれいにしようと思い立ちました。まずは、屋外の収納ボックスを4つから3つに減らし、収納ボックスを置いていた場所にレンガを敷き詰めて整備しました。
家アラカルト

【家アラカルト】キズかくし「かくれん棒」でフローリング・床のキズ補修

築25年を迎えた我が家、いろいろと傷んできました。今回は、フローリング・床のキズを「かくれん棒」を使って補修しました。大きく深いキズは溶かして埋めることで補修できました。細いキズは、クレヨンで描くが如く簡単に補修できました。「かくれん棒」には、茶系の薄い色から濃い色まで揃っていて、フローリングの色に合わせて調整することができました。  「かくれん棒」でキズ補修の敷居がグッと低くなりました。これからはキズを見つけたら塗り塗りしたいと思います。
\スポンサーリンク/
家アラカルト

【家アラカルト】見切りの剥がれ、補修シートで修繕

築25年を迎えた我が家、いろいろと痛んできました。目に付くところに見切りのコーナー部の剥がれがあります。今回、補修シートを使って修繕しました。補修シートの代わりにリメイクシートでも使えると思います。できるだけ元の木目、色合いが似たシートを使うことで仕上がりがよくなります。色目が目立つときは、「かくれん棒」のようなキズかくしで色付けすると目立たなくなることがわかりました。
工房制作

【工房製作】家の外壁塗装のため、工房を解体!#2

工房の解体その2です。2024年5月GW明けに家の外壁塗装をします。残念ながらDIYではなく、業者に依頼しました。足場を組むためGWの間に家の周りの物を撤去する必要があります。先回は3日間かけて工房内の工作機や工具類をかたづけしました。工房の壁を撤去しましたので紹介します。これで外壁塗装の準備が完了です。
工房制作

【工房製作】家の外壁塗装のため、工房を解体⁉

2024年5月GW明けに家の外壁塗装をします。残念ながらDIYではなく、業者に依頼しました。足場を組むためGWの間に家の周りの物を撤去する必要があります。日頃の断捨離のお陰で小物類はほとんどないですが、超大物の撤去があります。そう、工房の撤去です。家にピッタリ隣接している工房を撤去する必要があります。今回は母屋の外壁塗装に接している部分の解体を行いますので紹介します。
家アラカルト

【家アラカルト】ローン完済!抵当権抹消を行いました

我が家の35年ローンがようやく終わりました。ローンを完済すると真っ先にやらないといけないことがあります。土地、家屋に設定された抵当権を抹消することです。自分で抵当権抹消登記を申請しましたので紹介します。
バックヤード

【バックヤード】Wake on Lanアプリを自作して、Windowsのファイアウォールで「Ping」コマンドの応答のみ許可する方法がわかった

Wake on Lanアプリを自作しました。ところがアプリを実行したところPingによるパソコンの「死活状態」を確認できないことが判明しました。原因は、Windowsのファイアウォールのブロックによるものでした。ファイアウォールの有効を維持して、Pingの応答のみを有効にすることで解決しました。
バックヤード

【バックヤード】遠隔からパソコンを起動!Wake on Lanに対応しました

Wake on Lanという遠隔からパソコンを起動する技術を使って、ノートPCからデスクトップPCを起動できるようにします。これにより、ノートPCでデスクトップPCにあるデータが必要になっても、その場でデスクトップPCの電源を入れられるようになります。また、遠隔からデスクトップPCをシャットダウンして電源を切ることもできます。
家アラカルト

【家アラカルト】トイレの壁紙汚れをスプレー塗装でキレイにしました

気になっていたトイレの壁紙の黄ばみや汚れをスプレー塗装を使ってキレイにしました。しかも、低コストで短時間で行うことができました。スプレー塗装が行えたのは、単純色の白で、塗り壁調の壁紙を選択したことが奏功しました。
バックヤード

【バックヤード】パソコンにバージョン管理ツールTortoiseSVN(トータスSVN)を導入しました

今回は、プログラミングを2台のパソコンで同じプログラム(プロジェクト)を編集できるようにするために、バージョン管理システムを導入しました。バージョン管理には無料で使用できるVisualSVN ServerとTortoiseSVNを採用しました。大げさそうに見えますが、簡単にインストールや設定ができました。使い方もチェックアウトとコミットが理解できれば使えることがわかりましたでの紹介します。
家アラカルト

【家アラカルト】これで走りも安心!原付バイクJOGのオイル交換をしました

バッテリー交換に続いて、エンジンのオイル交換をしました。エンジンの回転がスムーズになりパワーロスも軽減されます。JOGにはオイルフィルターがないので交換は至って簡単です。また、廃油処理も空き箱があれば廃油ボックスを簡単に作れます。おまけにオイル粘度規格を理解することができました。
家アラカルト

【家アラカルト】これでバッテリーあがりも安心!原付バイクJOGのバッテリー交換

原付バイクJOGに久しく乗っておらず、バッテリーが上がってしまいました。そこで、バッテリー上がりを回避できないものか?バッテリーについて調べてみました。バッテリーには鉛バッテリーのほかにリチウムイオンバッテリーもあることがわかりました。充電器も合わせて購入し、バッテリー上がり防止のためにバイクから外さずに充電できる仕組みにしました。これでバッテリーあがりも安心!
作品

【作品】DIYの楽しみ!自作サンドブラストで自分だけのグラス細工を作ろう #7

今回は、UVライトスタンドを作成しました。これで本当にタイマー付き露光機の完成です。
家アラカルト

【家アラカルト】冬の風物詩、簡単!土鍋の茹で方式による手作り干し芋

冬の乾燥した晴天は、干し芋日和ですね。干し芋を手作りました。干し芋作りは、家庭で簡単にできる土鍋を使った茹で方式で作りました。また、干し芋作りで出てきた甘皮の芋きんとん作りも紹介します。日ごとに干した芋のでき具合を味見するのも楽しみですね。
作品

【作品】DIYの楽しみ!自作サンドブラストで自分だけのグラス細工を作ろう #6+

今回は、気になったケースの4つのボタンの機能名のレタリングをトライしましたので紹介します。やはり、白のレタリングは超難しかったです。まだまだ課題がありますが、ボタンの機能名もわかるようになりましたのでよしとします。
作品

【作品】DIYの楽しみ!自作サンドブラストで自分だけのグラス細工を作ろう #6

今回は、やっと、露光機のタイマーを完成することができましたので紹介します。これで秒単位の露光時間をコントロールすることができます。いよいよ、マスキングフィルムの作成に取り掛かれそうです。
バックヤード

【バックヤード】インターネット接続をexcite MEC光からコミュファ光に変更しました。

今回は、我が家のインフラであるインターネット接続をexcite MEC光からコミュファ光に変更しました。通信速度には不満はなかったですが、この物価高の時に少しでも費用を抑えたく通信費用削減対策を実施しましたので紹介します。
作品

【作品】DIYの楽しみ!自作サンドブラストで自分だけのグラス細工を作ろう #5

今回は、試作したケースを組み立ててみて多くの改善箇所が見つかりました。改善したケースまで作成できましたので紹介しますた。これでうまくいきますように。
作品

【作品】DIYの楽しみ!自作サンドブラストで自分だけのグラス細工を作ろう #4

今回は、設計したUVライトタイマー露光機のケースを3Dプリンターで試作してみました。ファーストトライにしては上出来でした。自分で考えたものが簡単に形にできる3Dプリンターという道具はすごいなと思いました。3Dプリンター導入からファーストトライまでを紹介します。
作品

【作品】DIYの楽しみ!自作サンドブラストで自分だけのグラス細工を作ろう #3

今回は、タイマーリレー基板を使ってUVライトを指定時間ON/OFFできること確認しました。また、基板を収めるケースを3D CADを使って設計しましたので紹介します。
\スポンサーリンク/