【道具・工具】【電動工具】自作バンドソー、ブレードの昇降兼トラッキングを製作しました

道具・工具

 今回は図面の青色と水色の部分を製作します。この部分は、ブレードのテンション調整とトラッキングを行う重要な部分です。ハンドルを回すことでホイールのシャフトの部分が上下し、ブレードをピンと張ることができます。また、ノブを回すことでホイールの傾きを調整することができます。これらを調整することで安定して切削ができるようになります。

パイン集成材の貼り合わせ

 青色部、水色部の両方とも厚みのある部品です。厚みのある木を持っていないので端材を貼り合わせてブロックを作り、そのブロックを加工している手順になります。貼り合わせて乾かす工程が増えるので時間がかかりました。

いくつも端材を貼り合わせて乾燥待ち

 20㎜厚のパイン集成材を2枚、3枚貼り合わせています。早く乾け~。

水色部の製作

 上側のホイールを支えられるように、分厚く重量もある部品になっています。

アジャスタおよびバランサー部品

 先ほどの部品の背中にくっ付く部品で、ホイールの傾きを調整する役割とホイールに対するバランサーの役割を担っています。

テンション調整用部品

 ブレードを張ったり緩めたりするためにホイールを昇降させるテンション調整用部品です。上部の穴にボルトを通してハンドルで昇降させます。

仮組みしたところ

 この部品はホイールと2つの水色部品を支えるので、こちらも分厚い骨組みになっています。

全体(前面)

 3つの部品を組み合わせたところです。まだ、固定はしていません。固定はフレームも含めて全体を見てからにする予定です。

全体(背面)

 全体を組んで背面から見たところです。出っ張っているところがバランサーになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました