【道具・工具】【電動工具】自作バンドソー、切削時にブレードのブレを押さえるためのブレードガイドを作成しました。

道具・工具
ブレードガイドの作成

 ブレードガイドはピンク色の部品です。上下にあります。ブレードに木片を押しつけながら切削していくので、ブレードは押されてずれようとするのをブレードガイドによって補正されます。また、曲線切りするとブレードは左右にずれるので左右両側にもガイドが必要です。
 今回、作成するのは上側のブレードガイドとガイドを支えるオレンジ色のアーム、アームを固定する薄紫色のアーム押さえを作成します。

ブレードガイドのアームの作成

 まず、オレンジ色部分のアームを作成します。SPF材を寸法にカットしたところです。カットすると白木のように見えてよさげです。

角を45度でカット

 アームの一つの角を45度にカットします。テーブルソーの丸ノコ刃を45度に傾けてアームをカットします。

きれいにカットできました

 45度にきれいにカットできました。

アームの出来上がらり

 最後にブレードガイドを取り付けられるようにカットしました。

アーム押さえの作成

 アームの次は、アーム押さえを作成します。アーム押さえは3つの部品からなります。写真左の45度にカットした木片がアームの45度面に合わさり押さえつけることでアームを固定します。

アーム押さえの組立て

 3つの部品をボンドで接着してアーム押さえが完成です。バンドソーの製作では、ボンドで接着する組立てが多いです。

フレーム側のアーム押さえ受け

 フレーム側にアーム押さえを受けるネジをつけました。ネジはM8の鬼目ナットを埋め込んで作りました。

アームをフレームに取り付け

 先ほど作ったアームをアーム押さえで固定したみたところです。

アームと押さえの斜め面同士で押さえる

 45度面同士がぴったり合わさりネジを回すことで締め付けて固定できています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました