【家アラカルト】妻の要望で炊飯器を置いているスペースを空けたいから、レンジ、オーブントースター台に炊飯器も合体させてほしいとのこと。二日かけて完成したので納品完了しました。

家アラカルト
Beforeのレンジ、トースター台

 妻が写真右奥の炊飯器の場所を空けて、今あるレンジ、オーブントースター台に炊飯器も合体してほしいとのこと。
 そして、オーブントースターを下に移動して、その横に炊飯器が置けるんじゃないと提案してきました。なるほど、行けそうだね。ということで設計することにしました。重い腰が動き出すまでに3週間ぐらいかかっていますが…

3D CADで設計

 いつものように3D CADを使って設計しました。トースターと炊飯器も大まかに寸法を測りモデル化して問題ないか確認しました。
 一番気にしたのは、どちらも熱発生源で炊飯器に至っては高温の水蒸気まで発生するので、熱気や湿気に耐えるようにすることでした。
ポイントは、以下です。
・天井の空間を多めに取ること
・熱や蒸気が逃げやすいようにスリットを設けること
・炊飯器の蓋が開けられるようにスライドテーブルにすること

組み立て図から部品図へ

 組立て図から部品図を起こして、材料を見積もりました。キッチン家具と合うように白の化粧板をメインにし、スライドテーブルは木目調にします。ちょうど、不要になったPCラックの木目調のテーブルが使えそうでした。

購入した板材

 次の日、早速ホムセンで白の化粧合板を購入しました。

スライドレールとアルミテープ

 その他に400㎜のスライドレールとアルミテープを購入しました。設計しているのでレール長さは迷わず選定できました。

切り出した化粧合板

 早速、製作に取り掛かります。化粧合板を図面通りにカットしました。表面を傷つけないように作業するのが気を使います。

短冊切り

 天板の奥に換気用のスリットを作ります。テーブルソーでいつもの短冊切りです。

マイナスドライバーでドミノ倒し

 短冊切りの隙間にマイナスドライバーを挿してドミノ倒しです。パキパキと心地よく折れていきます。

熱気、湿気の排気スリット

 2つのスリットをつけました。スリット両端はアールをつけてデザインぽく見せます。ヤスリで磨き滑らかに仕上げておきます。

天井側にアルミテープ貼付

 その天板の天井側に購入したアルミテープを隙間なく貼付します。アルミテープで熱気と蒸気を遮断させます。

全面にアルミテープを貼付

 全面に貼付したところです。スリットの部分は木口にも丁寧に貼付します。木は木口が一番弱いので木口から熱や蒸気が侵入しないように養生します。

板と直角治具をクランプで固定

 部品点数は少ないので、もう組み立てに入ります。側板は直角治具を使って垂直になるようにクランプで固定してネジ留めします。この段階は仮組です。

側板と天板を取り付け

 反対側の側板も留めました。

底板と直角治具をスプリングクランプで固定

 続いて底板です。底板は4.5㎜のシナ合板を使います。台の上にレンジを置く関係で高さをできるだけ低くしたいと考えて、厚みの薄い板にしました。

4面の板を接合

 4面の仮り組ができました。

最後に背板を接合

 背板を最後に取り付けました。仮組なので全てのネジは留めていません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました